宴の季節??

c0148951_175634.jpg

ここ何日も雪景色にを眺めていると無性に春が恋しくて‥
ご陽気なうたげが心を溶かしてくれました

  
  は~るよこい! は~やくこい!
[PR]
by fujiya888 | 2008-02-20 17:05 | ひとりごと

九州より入荷・・・田神

 右手にはシャモジ
 左手には飯わん・・・。

 本来なら田んぼのあぜに座って
 稲穂の実りを見守ってくれる田の神様

 今日はカメラを構える私をニッコリさせてくれています。

  
c0148951_16373917.jpg
癒し系?のお顔が・・・たくさん並びました。

 
[PR]
by fujiya888 | 2008-02-07 16:38 | むかし雑貨

c0148951_11125416.jpg


 きれいな物ですね。傷もないようです。
 
 徳利というと基本的に酒を入れて使用する道具ですが
 この伊万里徳利は、美術品として作られた物ではないでしょうか。
 口が杯をイメージしてデザインされています。

 明治時代
 高さ  : 23センチ
 直径 : 約11.5センチ(上部)
     : 約10センチ(底部)
[PR]
by fujiya888 | 2008-02-04 11:46 | 骨董

手炙りの話

今年の冬は、燃料が高騰しているせいか、昔ながらの暖房器具が
再び役目を与えられ見直されています。
 手炙り(あぶり)・長火鉢・いろり・蒔きストーブ・湯たんぽ・・・・。
骨董屋のおかみとしては、うれしい現象というわけで、よく売れています。(^^)

今日は手炙りについて少々薀蓄を語ってみようかな。c0148951_14583242.jpg

歴史・・・いつ頃から使用されていたのか
   は実のところはっきりはしていません。
   清少納言の枕草子に、火鉢の前身に
   あたる火桶(ひおけ)に関する記述が   
   見られることから、平安時代には
   使用されていたと考えられています。

c0148951_1524215.jpg

使い方・・・空の火鉢の底に小石などを敷く。(灰だけでもよい。)
      その上から灰(藁灰がよい)を、火鉢の1/2-2/3ほどまで入れる。

      灰は断熱材なので深さ10cmもあれば炭の熱の心配は無い。
      五徳を使う場合は、灰の中に2-3cmほど埋め、鉄瓶などを乗せても
      傾かないようにする。   
      五徳は爪を上に向けて使っても、下に向けて使ってもいい。

      2-3本の炭を火おこしに入れて火にかけ、炭全体が赤く色づくまで
      20分ほど加熱する。
      炭が暖まったら、十能(じゅうのう)に入れて運び、
      火鉢の中央に適当に間隔をあけて並べる。
      灰の上に火のついていない炭をのせ、固形燃料などを
      使って火をつける方法もある。

      火がつきづらい場合は、豆炭を使用すると火をおこしやすい。
      炭から炎があがっている状態より炭が赤く色づいている
      程度の方が持ちが良い。火力の調整は、炭の量の増減や
      配置を調整することによって行う。
      火を消す場合は炭を灰の中に埋めるか、火消し壷に入れる。

  こうやって書くと手間がかかるようですが、やってみると意外とかんたんです。
  炭の香りとほのか温もり結構くせになります。
  環境にやさしく省エネ、ロウコスト、昔の道具に気づかされるなんて・・・。
  デザイン的にも意気でかわいい・・・・・手炙り火鉢バンザイ!!
  
[PR]
by fujiya888 | 2008-02-02 17:01 | ひとりごと